iot

A collection of 6 posts

Monitor the broadband speed with the Mackerel
mackerel

Monitor the broadband speed with the Mackerel

最近気持ちが忙しくてブログ更新久しぶりな気がする。。タイトルの通りネットワーク回線の速度を監視し始めたのでメモ。 モチベーション SNS の方で呟いてましたが引越しすることになりました。 引っ越すからベッド分解した´д` ; — †深淵の覚醒者† (@lorentzca) July 5, 2020 我々インターネットで生活している者たちにとって引越しで一番気になるのは回線の速度ですよね。次のおうちでも光回線が通っているのはもちろん確認済みなのですが、速度や安定性が気になるところです。 そこで回線速度を監視し、引越し後どれくらいの違いが出るか確認することにしました。 結果は以下。Wi-Fi での数値です。有線だと数倍早かった…。 有線、無線両方監視しようと思いましたが次のおうちは実質無線がメインになりそうなので、無線だけ監視してます。 方法最近 Raspberry Pi と Greengrass

I'm going home button v2
aws

I'm going home button v2

私は毎日帰宅する際に「今から帰るボタン」を押して LINE メッセージを送っています。 帰りますボタンを作った 最近このボタンに機能を追加しより便利にしてみました。 追加した機能 Google カレンダーと連携し、ボタンを押したタイミングからその日の 23 時 59 分までの間に始まるイベントがある場合 (飲み会とか)、イベントの内容を送るようにしてみました。 以下のような感じです。 日を跨ぐ可能性も考慮して終わりの時間には日付も入れるようにしています。 Google カレンダーからイベントを取得する方法 これ調べるのが結構大変だった…。混乱ポイントだったのが、まず適当にググってみたところ旧 Google カレンダー API の情報とごっちゃになっておりそこが混乱の元でした。Google 公式ドキュメントでも旧

Monitor lock status with Mackerel
mackerel

Monitor lock status with Mackerel

Sesame というスマート鍵を購入し、より快適な生活が手に入りました。 セサミスマートロックを買った また、 Sesame の API を試してみました。 Sesame API を試す 次の段階として、鍵の状態を Mackerel で監視してみます。 ※念のため補足すると、公式アプリでも鍵の施錠/開錠を検知したら push 通知することができるので、必要最低限の監視はできていると言えます。 なぜ監視するのか ちょっと話が横道に逸れますが、スマート鍵の導入に興味がありつつためらう理由の一つに、セキュリティが挙げられるんじゃないかな、と思っています。特に「不具合や誤作動で知らないうちに解錠される可能性があるんじゃないか」「クラッキングされて解錠されてしまうことはないのか」

Sesame API
smartlock

Sesame API

Sesame というスマート鍵を使い始めてはや1ヶ月が経ちました。 セサミスマートロックを買った Wi-fi と接続するモジュールも買い、 Sesame はもはや生活に欠かせない機器となりました。神。ハンズフリーで解錠できることがこんなに快適だったなんて! Wi-fi モジュールを買ったことでインターネットと接続できるようになり、 API も使えるようになったのでとりあえず鍵かかってるか API から取得してみます。 条件 API を利用するための条件です。 Wi-fi モジュールを購入し、セットアップ済みであること (Sesame がインターネットへ接続している必要があるため) Sesame の設定でクラウド連携が有効になっていること API キーの取得 Sesame 公式サイトのダッシュボード (BETA)

Sesame Smart Lock
iot

Sesame Smart Lock

帰宅時に鍵をゴソゴソするのが面倒 (特に雨天時の買い物帰り) で Sesame というスマートロック製品をポチりました。 ポチった!在庫切れなのでいつ届くか…。セサミminiが出たらキャンセルしてminiの方買おうかな。 — †深淵の覚醒者† (@lorentzca) 2019年2月9日 在庫が無く2億年ほど待ちましたがようやく届いた!!! 届いたので続き。幅はビクトリノックスとほぼ同じ長さ。事前に大きさ測ってはいたけど、思ったよりずんぐりした印象! pic.twitter.com/OmkZqTHcZK — †深淵の覚醒者† (@lorentzca) 2019年3月30日 Amazon で買いました。 Amazon.co.jp:

I'm going home button
aws

I'm going home button

毎日仕事が終わった際に、これから帰るよ〜的なメッセージを LINE で送っているのですが、この作業をボタンにしてみたら便利かと思ってやってみました。 勉強のために勢いで買った AWS IoT エンタープライズボタンの使い道として手頃だったというのが本音…! 使うボタン AWS IoT エンタープライズボタンを使います。 Amazon.co.jp: AWS IoT エンタープライズボタン 仕組み AWS IoT 1-Click に AWS IoT エンタープライズボタンを登録し、ボタンの押下をトリガーに LINE